あごニキビをハイチオールBで治す

昨年の夏、あごの下にニキビができて困っていました。
洗顔の時にあごの下を触るとニキビが並んでいるのです。
入浴時には、特に念入りにあごの下を洗うようにしたのですが、なかなかニキビは治りませんでした。
あごの下に汗が溜まるのでそのせいかなとも思いましたが、毎日洗っていればそのうち治るだろうと思っていました。
甘いものが大好きなので、原因はそれかもしれません。
知人に相談すると、甘いものを控えたほうがいいよといわれ、食後の間食を控えめにして、しばらく様子をみていましたが、なかなか良くなりませんでした。
若いころと違って年齢によってニキビができる場所もでき方も違い、治り方も違うのかなと思っていました。
ある時、ドラッグストアーで買い物をしていると、「ハイチオールB」という商品が目につき、手に取ってみると、肌荒れ、ニキビ、口内炎と書いてあり、これはいいかもと早速購入して、使ってみることにしました。
1日2回朝夕に服用してしばらくすると、あごの下のニキビが少し小さくなったような気がしました。ただ、飲み薬と併用してニキビ跡を消すと話題のリプロスキン美容液も塗るようにしました。
1週間、薬の服用とリプロスキンを塗っていると、あごの下を触ってもほとんど気が付かないくらい小さくなっていました。
若い頃はニキビができても、若いからですませられますが、中年になるとニキビはさすがに恥ずかしくて、人にも言えません。
これからは、甘いものを控えて気を付けようと思いました。

ニキビ跡に悩んで受診した話

私の父も高血圧でずっと薬を飲んでいました。

私は、もともと体は乾燥肌なのですが、顔だけは脂性でずっとニキビ跡ができやすいことに悩んでいました。
病院にかかるまでも、、、という観念が大きかったので、市販のニキビ跡治療薬で試してみましたが、なかなか治りませんでした。
生理前に肌荒れがよくできてニキビができたり、化粧品(ファンデーションや化粧水、乳液等)も、肌に合わないことが多くて、なかなか新商品が試せないで悩んでいました。
子供ができて、子供の皮膚トラブルで病院の皮膚科にかかるようになって、私もニキビ跡で皮膚科にかかることのきっかけができました。
なかなか市販薬では治らなかったり、ぶり返したりしていましたが、皮膚科の指導とニキビ跡消す化粧水の効果でだいぶ良くなりました。
今まで、苦労して気にしていたことが、解決して良かったです。
「たかだかニキビ」と思っていても勇気を出して、皮膚科の専門的な治療を受ける大切さが分かりました。
本当に困っている方は、早めに受診して、きれいな肌を手に入れることをお勧めしたいです。